施設工業株式会社:トップページ 施設工業株式会社:会社案内 施設工業株式会社:事業案内 施設工業株式会社:施工実績 施設工業株式会社:SK通信 施設工業株式会社:お問い合わせ
施設工業株式会社:採用情報
豊かな環境、美しい自然を次の世代へ…







西山栽培ハウスの現状

2013.04.17

4月に入り、ようやく暖かくなってきました。西山栽培ハウスでは、寒い冬をなんとか乗り切りまして、トマトベリーの収穫時期を迎え、3月から出荷を再開しています。今後は、通年で出荷を継続していく予定です。現在、トマトベリー栽培棟が3棟、トマピー栽培棟が1棟、育苗棟が1棟の合計5棟すべてで育苗・栽培をしています。4月9日現在の写真を掲載しました。生長の速度は遅いですが、トマピーについても実が大きくなってきました。年間の日照時間が短い新潟であっても、これから梅雨時期まで天気の良い日が続きますので、生長速度も増してきます。1年を通した栽培回数がトマトは3回転、トマピーは2回転させることを計画しています。今の収穫と次の栽培のための播種・育苗・定植のタイミングを効率良く、スムースに切替ができるように準備する必要があります。ハウス内の平均温度の積算値を基本に日射量で補正をしつつ、生育状況を確認しながらの栽培になります。植物が相手ですので、待ったが効かない状況の中、走りながら歩きながらの試行錯誤で栽培モデルをつくっています。
文責 増井 隆二

西山栽培ハウスの現状
西山栽培ハウスの現状